京つう

  キレイ/健康  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ


2017年12月31日

網膜色素変性症レンズ



 網膜色素変性症について

網膜色素変性症とは)

網膜の中で光を感じる視細胞には、
錐体細胞…網膜の中心部の黄斑に集中し、視力や色覚を担う
桿体細胞…黄斑のまわりで、周辺の視野や暗い中で光を感じる働きを担う
       遺伝子異常に基づき桿体細胞が変性する疾患

症状)夜盲(暗い所でモノが見えにくい)、視野狭窄(視野が狭い)、視力低下の3つ。

   夜盲が最初に現れることが多く、進行すると周辺の視野が狭くなって、物にぶつかりやすくなったり、物が見えたり消えたりします。さらに   病気が進行すると中心部視野も消失して失明にいたる場合もあります。

   進行性の病気だが、進行はとても緩やかで、数年あるいは数十年をかけて進行する
   症状の進行速度は個人差が見られ、症状の起こる順序にも個人差があり、最初に視力が低下してから夜盲を自覚する人もいる。

治療)現在のところ根本的な治療法がありません。
   症状の進行を遅らせることを期待して、暗順応改善薬(ヘレニエン)、ビタミンA
   などの内服を行うことがありますが効果は証明されていません。



遮光レンズ
   紫外線を100%カットしながら500nm以下の短波長の光(特に380~500nmのブルーライト)を抑えることにより、まぶしさ・コントラスト機能の低下を緩和してくれます。





   東海光学「CCP」…光過敏の方の屋外用
       「CCP400」…淡いカラーで屋内用
       「CCG」…ガラス調光


インドアでもアウトドアでも、ライフスタイルに合わせてお好きなカラーを選べるので、
抵抗感無くご利用いただけます。
まぶしさの原因となる500nm以下の青い光を一般のサングラスより有効的にカットし、
まぶしさを感じるあらゆる眼疾患をフルサポートします。

カラーバリエーション



グラディエーション



ガラス




 
   HOYA「レチネックス」  


  
Posted by guild at 17:25Comments(0)

2017年12月31日

偏光レンズ

先日北海道へ行ってきました。
初めての北海道ということでドキドキ・ワクワクでした。

最初はノーザンホースパークです。
“フサイチペガサス”スーパーホースみたいです。




次はお待ちかねの旭山動物園です。
一番のおすすめは、やっぱり“ペンギン”です。



水中を飛んでるみたいでしょ。めっちゃはやかったです!


人気があったのは白くまでした。
とても大きくて迫力がハンパないです。





見た目とは違い、水中ではとても機敏でした。


そして待望のごはん!!
  「海鮮丼」



このボリューム感!京都ではまずありえません。


今回の旅行で大活躍したのが、偏光サングラスでした。
外ではもちろん眩しさも和らげてくれますし、何よりも水槽の中の動物が、乱反射なくとてもハッキリと見れました。
ふつうにサングラスとして使えますのでとても便利です!








カラーバリエーションも豊富です。  
Posted by guild at 17:18Comments(0)

2017年07月16日

球面レンズ 非球面レンズ

今では当たり前のように耳にするようになりました、『非球面レンズ
実際になにが違うの、となった時に『ユガミが少ない』とおっしゃられる方がほとんどだと思います。
そこでもう一度『非球面レンズ』についてのおさらいです。

レンズの種類
・球面レンズ
・非球面レンズ
・両面非球面レンズ
の3種類に分けられます。下に行くほど『ユガミが少ない』『薄く仕上がる』という利点があります。ただしその分、原価は上がりますので、値段にも違いがでます。

やっぱり非球面レンズがいいの?
結論からいいますと、非球面レンズが良いです。ただし次のようなことに注意するとさらに良いです。
・敏感体質の方は慣れるのに時間がかかるということ
・ガラスレンズから変えた方は初めは違和感がでるということ
・一流メーカーのレンズにすること

特に3番目の項目ですが、一流メーカーと名前の知らないメーカーでは同じ非球面でもコーティングや設計のノウハウが違いますので、より快適に安心にお使いいただけます。

ギルドでは世界でもトップクラスのメーカーのHOYA製のレンズを使用しております。


  
Posted by guild at 05:50Comments(0)

2017年07月10日

白内障 眼内レンズ

『白内障』はよく耳にされると思います。
そして手術をしてよく見えるようになった、という声も聞かれるとおもいます。

今回は白内障の手術をされるときに水晶体の代わりとなる『眼内レンズ』について、です。
まず手術をする前に『眼軸長検査』をし、目に装用するレンズの度数を決めます。これによって、遠く重視や近く重視などを選ぶことができます。最近は遠近両用のものや乱視矯正のできるレンズも出てきております。
また、眼内レンズは無着色のレンズと着色のレンズがあります。無着色のレンズは手術後に青みがかかって見えると感じることがあります。これを補正したものが着色レンズです。

ただ、白内障の手術をしたからすべて終わり!というわけではありません。むしろ手術後の方がだいじなのです。紫外線や青色光による目の病気は引き続き予防していかないといけません。そこでオススメなのが『HOYALUX パリオル』というレンズです。遠くも近くも快適に見え、なおかつ目の病気となる、紫外線や青色光もカットしてくれます。遠く重視、手元重視と選べるのも嬉しいポイントですね♪

白内障の手術をして若返った目を大事にするのは、自分でしかできません!!


  
Posted by guild at 00:47Comments(0)

2017年06月24日

遠近両用は万能じゃない!?

突然ですが、『遠近両用メガネ』は遠くも近くも見える万能なメガネ、と思っておられる方もいらっしゃると思います。

でも!実は違うんです!!
画像のように遠くは広い範囲で見えますが、近くを見る部分はかなり狭くなっております。

見える範囲が狭いと“無理して見ている=目に負担をかけている”ということになります。
ギルドではおひとりおひとりの生活に合ったメガネを提案させていただいております。
例えば、靴でも「ビジネスシューズ」や「ランニングシューズ」、「スニーカー」など、目的や場面に応じて履き替えられると思います。
メガネも同じで、「運転用」と「パソコン用」では全く違うメガネになります。

一流メーカーのHOYAからもそれを考慮したレンズが出ております。
簡単にご説明させていただきますと、遠近両用のレンズなのですが、『遠く重視』『バランスタイプ』『中間・近く重視』と3つのタイプからお選びいただける、というレンズです。くわしくは→コチラ
使い分けをしていただくことにより、目への負担が少なくなり、脳への負担が少なくなります。脳への負担は自律神経の乱れにつながり、肩こりや頭痛にもつながります。

“よく見える”ことも大事ですが“楽に見える”ことが大事だと考えております。
もちろん使い分けがどうしても無理とおっしゃられる方もいらっしゃいます。
そういった方には生活スタイルに合わせたオーダーメイドレンズをオススメしております。

肩こりがツライ、よく疲れる、などの症状がおありの方、見え方だけでなくメガネの設計が負担になっているかもしれません。
一度、くわしくお測りしてみませんか?もちろん検査は無料です!






  
Posted by guild at 01:13Comments(0)

2017年06月17日

防ごう!青色光

突然ですが、下の画像を片目をつぶって、左右それぞれの目でみてください。



線がまっすぐに見えるなら、問題ありません。

ただ、下の図のように見える方は要注意! 『黄斑変性症』という病気の疑いが考えられます。



黄斑変性症とは?
● 網膜の真ん中にあり、ものの細かい部分や色を見分けるのに重要な部分である「黄斑」に、異常が生じる眼の病気。
 さまざまな原因が考えられ、加齢、喫煙、ブルーライトなどがあります。
欧米では成人失明原因の第1位
● 米国では約175万人 (2004年の調査結果より)。
● 視力が短期間で急激に低下し、失明にいたることも多い。
●日本での 増加の原因は、人口の高齢化や生活様式(特に食生活)の欧米化と考えられています。


黄斑変性症の原因の一つとなるブルーライトを防ぐ!
ブルーライトはパソコンやスマホ、テレビ、LED照明などから出ています。もちろん太陽の光にもたくさん含まれます。
普段の生活の中からブルーライトをカットしていくことが黄斑変性症を防ぐことになります。
最新のレンズなら、紫外線もブルーライトもカットできます!

これから外に出る機会も多くなります。ご自身の目はご自身でしか守れません。早めの予防をおすすめします。


  
Posted by guild at 06:56Comments(0)

2017年06月10日

お客様に聞いてみました~調光レンズ~

今回はこの時期に大活躍のレンズ、『調光レンズ』について、実際にお使いいただきましたお客様に感想を伺ってみました。

西京区60代男性
仕事、プライベート含めてゴルフをする機会が多いのでとても重宝しています。
プレー中はサングラスでとても見やすく、食事の時などで室内に入るとレンズの色が元の色に戻りますので、
かけかえの手間が省けます。ただ、車の中ではほとんど色が変わらないのが難点ですね・・・


調光レンズは『紫外線量』と『温度』によって色が変化します。
温度が高いと、レンズの色は変化しにくいのです。


南区50代女性
買い物の時に役に立っています。自転車をこぐ時は色が付いて、スーパーなど建物に入ると透明になります。
遠近両用を使っているのですが、色が変わるレンズはとても便利です。
ただ、もっとオシャレな色で濃い色があればな、と思います。

調光レンズは濃い色が3種、薄い色が4種となっております。
用途によって使い分けていくといいですね。


これからの季節に一本持っておくと大変便利な調光レンズです。
皆様もその便利さをぜひご体感ください。
  
Posted by guild at 02:22Comments(0)

2017年06月02日

サングラスもオーダーメイドの時代!

みなさんいかがお過ごしでしょうか?
もうあっという間に6月になり、季節は夏ですね。

さて、夏といえばサングラスですが、もう一度紫外線についての情報を書いていきます。

①紫外線とは?
可視光線は波長にすると400nm~800nmで、その数値より低い波長のものが紫外線になります。
一般的には400nm以下のものを紫外線と呼んでいます。

②夏が一番強い?
紫外線は真夏の8月ではなく、6月7月にピークをむかえます。
4月から9月の半年間で年間紫外線総量の8割近くが降り注ぎます。
また、一日の中では朝10時~午後2時の時間帯が多く降り注ぎ、その4時間で1日の半分以上が降り注ぎます。

と、おおまかですが紫外線について書いてみました。
次に『市販のサングラスをかければ大丈夫』とお思いの方もたくさんいらっしゃると思います。
もちろんダメではないのですが、今は紫外線とブルーライトの両方をカットするレンズがオススメです。

くわしいレンズ説明はコチラ

紫外線は『白内障』の原因とされ、ブルーライトは『黄斑変性症』の原因といわれています。
市販のサングラスではカットできない、ブルーライトをカットすることでさらに目にいいものとなります。

今ではサングラスもオーダーメイドの時代です。
あなたの目や使う場面に合わせて、私たちが最適なものをお選びいたします。夏のお出かけ前にお立ち寄りくださいませ。


  
Posted by guild at 01:32Comments(0)

2017年05月29日

新しい遠近両王発売!


今月よりHOYAより新しいレンズが発売されました!
その名も『HOYALUX Synchro(ホヤラックス シンクロ)』
メーカーサイトはコチラ

最大の特長は使われる方の生活に合わせて、3パターンの種類の中から選べることです。

①遠方重視タイプ
ドライブやゴルフなど遠くをよく見られる方にオススメ 遠くの視界が広く快適です。

②中近重視タイプ
ショッピングや離れた場所や近くを見ることが頻繁にある方にオススメ 遠くと近くがバランス良くなってます

③室内用タイプ
リビングでくつろいだり、デスクワークなどの室内作業の方にオススメ 手元の文字などが見やすくなってます



ひとりひとりの目に合わせたオーダーメイド性
また、ひとりひとりの目は違います。最新レンズは目の方向や、乱視からくるユガミを解消しております。
そのユガミが解消されれば、目からくる疲れも解消できるとおもいます。




快適な視界は快適なレンズから!
ギルドではメガネを売るだけではなく、メガネを通じて快適なレンズ選びや目からの健康を考えたご提案をさせていただいております。
疲れや肩こりなどがある方、メガネの度数や設計があってないことからくる場合もありますので、お気軽にご相談ください。

また、この新しいレンズは扱える店も限られておりますので、量販店さんにはまず扱えないレンズとなっております。
見え方の体感もできますので、お気軽にお申し付けください。
  
Posted by guild at 02:09Comments(0)

2017年05月26日

新しい遠近両用レンズ発売!


今月よりHOYAより新しいレンズが発売されました!
その名も『HOYALUX Synchro(ホヤラックス シンクロ)』
メーカーサイトはコチラ

最大の特長は使われる方の生活に合わせて、3パターンの種類の中から選ぶことができます。

①遠方重視タイプ
ドライブやゴルフなど遠くをよく見られる方にオススメ 遠くの視界が広く快適です。

②中近重視タイプ
ショッピングや離れた場所や近くを見ることが頻繁にある方にオススメ 遠くと近くがバランス良くなってます

③室内用タイプ
リビングでくつろいだり、デスクワークなどの室内作業の方にオススメ 手元の文字などが見やすくなってます



快適な視界は快適なレンズから!
ギルドではメガネを売るだけではなく、メガネを通じて快適なレンズ選びや目からの健康を考えたご提案をさせていただいております。
疲れや肩こりなどがある方、メガネの度数や設計があってないことからくる場合もありますので、お気軽にご相談ください。

また、この新しいレンズは扱える店も限られておりますので、量販店さんにはまず扱えないレンズとなっております。
見え方の体感もできますので、お気軽にお申し付けください。
  
Posted by guild at 06:54Comments(0)