京つう

  キレイ/健康  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ


2019年01月10日

メガネ変えました

こんにちは、梅津店の田中です。
私事ですが、メガネを変えました。その際にHOYA製の新製品のレンズ「HOYALUX雅」というレンズを使いました。現在のところとても調子がいいです。どんなレンズかを、ご説明いたします。

見たいシーンにあわせて3つのタイプから選べるオーダーメイドレンズです。
1.遠近両用タイプ  2.遠近両用タイプ(中近重視)  3.室内用タイプ

両眼バランス設計


 

パーソナルフィット
選んだフレームの装用条件に合わせて「見え方」を最適化いたします。



 

フレーム前傾角・フレーム頂点間距離・フレームそり角。それぞれの数値をメガネレンズの設計に反映して
最適な見え方のメガネを提供します。

フレーム前傾角
 

フレーム頂点間距離

 

フレームそり角

 
何か難しそうですが使ってみると、とても快適です。
ただいま最新レンズ体験会を開催しております。
ぜひ、お越し下さいませ

レンズ公式ページはこちら


  
Posted by guild at 21:08Comments(0)

2018年12月09日

最高峰オーダーレンズ登場

HOYAより最新の単焦点レンズが登場しました。

「NULUX WFI]

今までと違う圧倒的な見え方と疲れにくさが特徴です。


特徴 その①
メガネをかけたときの視力値を考慮したこだわりの設計が、
中心から周辺部まで全方位においてクリアな視界を実現しました。

従来品


最新レンズ



特徴 その②
左右別々の基本設計に、フレーム前傾角・フレーム頂点間距離・フレームそり角の測定データを反映し、
全方位で最適化を図っています。




特徴 その③
側方視時に発生する軸ズレの収差補正、左右非対称のAS面を加える事で、
視界が広く快適な見やすさを実現しました。
レンズカーブを選べますので、様々な形状のフレームに適します。

度数が強い方、左右差がある方、乱視の方すべての方に対応できる
最新オーダーレンズです。
ぜひ、一度ご相談ください。  
Posted by guild at 21:29Comments(0)

2018年11月10日

両眼バランス設計レンズ

「お一人お一人に合わせてお作りいたします。」


 )

度数別スマート設計

見やすさの精度を上げるために、全ての度数で最適化を図り、さらに近方の度数を考慮して一人ひとりの個性にお応えします。

両眼バランス設計




パーソナルフィット設計
● メガネの装用条件に合わせてレンズ設計を最適化
フレーム前傾角・フレーム頂点間距離・フレームそり角。それぞれの数値を反映して あなただけの「Only One レンズ」を作り上げます。
最適レンズのための3つの情報

フレーム前傾角
同じフレームでも顔の形状等によりフレーム前傾角は変化します。適正な数値入力により収差を補正。設計を最適化して快適な見え心地を提供します。(0°~25°まで指定可能)

フレーム頂点間距離
鼻の高さやフレームの種類等によりフレーム頂点間距離は一人ひとり異なります。適正な数値入力により収差を補正。眼と度数とレンズの距離を考慮し、設計を最適化。スマートな見やすさを提供します。(7.0mm~25.0mmまで指定可能)

フレームそり角
フレームカーブやフレームの種類等によりフレームそり角は異なり、視線とレンズが交差する角度が見え方に影響します。適正な数値入力により収差を補正。側方視してもスムーズな見やすさを提供します。(0°~15°まで指定可能)
※データは、お選びいただいたフレームとの相性にも大きく影響します。
顔型・サイズは千差万別

フレーム前傾角・フレーム頂点間距離・フレームそり角。
それぞれの数値をメガネレンズの設計に反映して、あなたに最適な見え方のメガネを提供します。
※すべての要素は複合的に影響します。
※すべての要素は複合的に影響します。

ギルドでは目に最適なレンズをご提案させていただきます。
  
Posted by guild at 10:50Comments(0)

2018年10月10日

新商品のご紹介

この度、HOYAさんから新しい遠近両用レンズが発売されました。

『HOYALUX 雅(みやび)』『HOYALUX 望(のぞみ)』です。

レンズの公式ページはこちらから
HOYALUX 雅
HOYALUX 望

HOYALUX 雅・望 は生活に合わせて3つの設計から選べます。
①遠方重視の“フィールド”
②遠方・中間・手元をバランスよく配置した“シティ”
③室内での使用に重きを置いた“ルーム”

そして、より快適な仕上がりにするために、左右の目の度数の違いによる収差などを考慮したり、選ばれたフレームのレンズの角度目の位置、高さレンズと目の距離などをお測りさせていただきます。

ただいま、最新レンズ体験会を開催しております。
遠近両用をお考えの方、今まで遠近両用でうまく見れなかった方など、ぜひお越しください。
専門スタッフが丁寧に測定、カウンセリングさせていただきます。





  
Posted by guild at 00:56Comments(0)

2018年08月24日

オーダーメイドレンズ

ライフスタイルに合わせてお作りいたします。


遠近両用レンズで最新のものは、お一人お一人のライフスタイルやご要望、目とレンズの装用条件に合わせてお作りします。

両眼バランス設計
微細な差も調和させることにより、快適な中間度数別スマート設計
見やすさの精度を上げるために、全ての度数で最適化を図り、さらに近方の度数を考慮して一人ひとりの個性にお応えします。から近方領域を実現します。
累進屈折力レンズ装用者の80%以上の方に、左右の度数差があります。ほんのわずかな度数の違いでもレンズを通して視線が通過する行路は左眼と右眼では異なることになります。
この微細な差も調和させることにより、快適な中間から近方領域を実現します。


度数別スマート設計
見やすさの精度を上げるために、全ての度数で最適化を図り、さらに近方の度数を考慮して一人ひとりの個性にお応えします。



パーソナルフィット設計
● メガネの装用条件に合わせてレンズ設計を最適化
フレーム前傾角・フレーム頂点間距離・フレームそり角。それぞれの数値を反映して あなただけの「Only One レンズ」を作り上げます。
最適レンズのための3つの情報
フレーム前傾角
同じフレームでも顔の形状等によりフレーム前傾角は変化します。適正な数値入力により収差を補正。
設計を最適化して快適な見え心地を提供します。
0°~25°まで指定可能

フレーム頂点間距離
鼻の高さやフレームの種類等によりフレーム頂点間距離は一人ひとり異なります。適正な数値入力により収差を補正。眼と度数とレンズの距離を考慮し、設計を最適化。スマートな見やすさを提供します。
7.0mm~25.0mmまで指定可能

フレームそり角
フレームカーブやフレームの種類等によりフレームそり角は異なり、視線とレンズが交差する角度が見え方に影響します。適正な数値入力により収差を補正。
側方視してもスムーズな見やすさを提供します。
0°~15°まで指定可能




お一人お一人に合わせてお作りいたします。



  
Posted by guild at 05:31Comments(0)

2018年07月24日

もしかしてスマホ老眼?


最近スマホがとても見えにくくなりました。もしかして老眼でしょうか。いやスマホ老眼かもしれませんね。スマホ老眼を予防するサポートレンズを試してみます。
今回は亀の視力について調べました。亀はあまり視力はよくないといわれていますが、色覚は人間よりも優れているそうです。亀は光の3原色でなく、なんと4原色を持っているそうです。私たち人間と違ってどんな世界が見えているんでしょうね。

ギルドでは色覚検査も各店でいたしております。気軽にお申し付けください。
大将軍店 田中

  
Posted by guild at 00:00Comments(0)

2018年03月25日

ギルドの最新レンズ

メガネのギルドでは世界トップメーカーであるHOYA製のレンズを
使用しています。


京都でも取り扱いはほんの数店のみになっています。
その中でもレンズは毎月新しいものが開発されています。
ギルドではそのたびの最新レンズをお取り扱いさせていただいております。


様々なレンズがありますのでぜひご覧ください。


















  
Posted by guild at 17:08Comments(0)

2018年03月09日

最新遠近両用

遠近両用



今月よりHOYAより新しいレンズが発売されました!
その名も『HOYALUX Synchro(ホヤラックス シンクロ)』
メーカーサイトはコチラ

最大の特長は使われる方の生活に合わせて、3パターンの種類の中から選ぶことができます。

①遠方重視タイプ
ドライブやゴルフなど遠くをよく見られる方にオススメ 遠くの視界が広く快適です。

②中近重視タイプ
ショッピングや離れた場所や近くを見ることが頻繁にある方にオススメ 遠くと近くがバランス良くなってます

③室内用タイプ
リビングでくつろいだり、デスクワークなどの室内作業の方にオススメ 手元の文字などが見やすくなってます



快適な視界は快適なレンズから!
ギルドではメガネを売るだけではなく、メガネを通じて快適なレンズ選びや目からの健康を考えたご提案をさせていただいております。
疲れや肩こりなどがある方、メガネの度数や設計があってないことからくる場合もありますので、お気軽にご相談ください。

また、この新しいレンズは扱える店も限られておりますので、量販店さんにはまず扱えないレンズとなっております。
見え方の体感もできますので、お気軽にお申し付けください。

『遠近両用メガネ』は遠くも近くも見える万能なメガネ、と思っておられる方もいらっしゃると思います。

でも!実は違うんです!!
画像のように遠くは広い範囲で見えますが、近くを見る部分はかなり狭くなっております。

見える範囲が狭いと“無理して見ている=目に負担をかけている”ということになります。
ギルドではおひとりおひとりの生活に合ったメガネを提案させていただいております。
例えば、靴でも「ビジネスシューズ」や「ランニングシューズ」、「スニーカー」など、目的や場面に応じて履き替えられると思います。
メガネも同じで、「運転用」と「パソコン用」では全く違うメガネになります。

一流メーカーのHOYAからもそれを考慮したレンズが出ております。
簡単にご説明させていただきますと、遠近両用のレンズなのですが、『遠く重視』『バランスタイプ』『中間・近く重視』と3つのタイプからお選びいただける、というレンズです。くわしくは→コチラ
使い分けをしていただくことにより、目への負担が少なくなり、脳への負担が少なくなります。脳への負担は自律神経の乱れにつながり、肩こりや頭痛にもつながります。

“よく見える”ことも大事ですが“楽に見える”ことが大事だと考えております。
もちろん使い分けがどうしても無理とおっしゃられる方もいらっしゃいます。
そういった方には生活スタイルに合わせたオーダーメイドレンズをオススメしております。

肩こりがツライ、よく疲れる、などの症状がおありの方、見え方だけでなくメガネの設計が負担になっているかもしれません。
一度、くわしくお測りしてみませんか?もちろん検査は無料です!

























  
Posted by guild at 21:13Comments(0)

2017年07月16日

球面レンズ 非球面レンズ

今では当たり前のように耳にするようになりました、『非球面レンズ
実際になにが違うの、となった時に『ユガミが少ない』とおっしゃられる方がほとんどだと思います。
そこでもう一度『非球面レンズ』についてのおさらいです。

レンズの種類
・球面レンズ
・非球面レンズ
・両面非球面レンズ
の3種類に分けられます。下に行くほど『ユガミが少ない』『薄く仕上がる』という利点があります。ただしその分、原価は上がりますので、値段にも違いがでます。

やっぱり非球面レンズがいいの?
結論からいいますと、非球面レンズが良いです。ただし次のようなことに注意するとさらに良いです。
・敏感体質の方は慣れるのに時間がかかるということ
・ガラスレンズから変えた方は初めは違和感がでるということ
・一流メーカーのレンズにすること

特に3番目の項目ですが、一流メーカーと名前の知らないメーカーでは同じ非球面でもコーティングや設計のノウハウが違いますので、より快適に安心にお使いいただけます。

ギルドでは世界でもトップクラスのメーカーのHOYA製のレンズを使用しております。





















  
Posted by guild at 05:50Comments(0)

2017年06月17日

防ごう!青色光

突然ですが、下の画像を片目をつぶって、左右それぞれの目でみてください。



線がまっすぐに見えるなら、問題ありません。

ただ、下の図のように見える方は要注意! 『黄斑変性症』という病気の疑いが考えられます。



黄斑変性症とは?
● 網膜の真ん中にあり、ものの細かい部分や色を見分けるのに重要な部分である「黄斑」に、異常が生じる眼の病気。
 さまざまな原因が考えられ、加齢、喫煙、ブルーライトなどがあります。
欧米では成人失明原因の第1位
● 米国では約175万人 (2004年の調査結果より)。
● 視力が短期間で急激に低下し、失明にいたることも多い。
●日本での 増加の原因は、人口の高齢化や生活様式(特に食生活)の欧米化と考えられています。


黄斑変性症の原因の一つとなるブルーライトを防ぐ!
ブルーライトはパソコンやスマホ、テレビ、LED照明などから出ています。もちろん太陽の光にもたくさん含まれます。
普段の生活の中からブルーライトをカットしていくことが黄斑変性症を防ぐことになります。
最新のレンズなら、紫外線もブルーライトもカットできます!

これから外に出る機会も多くなります。ご自身の目はご自身でしか守れません。早めの予防をおすすめします。





















  
Posted by guild at 06:56Comments(0)