京つう

  キレイ/健康  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ


2017年07月16日

球面レンズ 非球面レンズ

今では当たり前のように耳にするようになりました、『非球面レンズ
実際になにが違うの、となった時に『ユガミが少ない』とおっしゃられる方がほとんどだと思います。
そこでもう一度『非球面レンズ』についてのおさらいです。

レンズの種類
・球面レンズ
・非球面レンズ
・両面非球面レンズ
の3種類に分けられます。下に行くほど『ユガミが少ない』『薄く仕上がる』という利点があります。ただしその分、原価は上がりますので、値段にも違いがでます。

やっぱり非球面レンズがいいの?
結論からいいますと、非球面レンズが良いです。ただし次のようなことに注意するとさらに良いです。
・敏感体質の方は慣れるのに時間がかかるということ
・ガラスレンズから変えた方は初めは違和感がでるということ
・一流メーカーのレンズにすること

特に3番目の項目ですが、一流メーカーと名前の知らないメーカーでは同じ非球面でもコーティングや設計のノウハウが違いますので、より快適に安心にお使いいただけます。

ギルドでは世界でもトップクラスのメーカーのHOYA製のレンズを使用しております。


  
Posted by guild at 05:50Comments(0)

2017年07月10日

白内障 眼内レンズ

『白内障』はよく耳にされると思います。
そして手術をしてよく見えるようになった、という声も聞かれるとおもいます。

今回は白内障の手術をされるときに水晶体の代わりとなる『眼内レンズ』について、です。
まず手術をする前に『眼軸長検査』をし、目に装用するレンズの度数を決めます。これによって、遠く重視や近く重視などを選ぶことができます。最近は遠近両用のものや乱視矯正のできるレンズも出てきております。
また、眼内レンズは無着色のレンズと着色のレンズがあります。無着色のレンズは手術後に青みがかかって見えると感じることがあります。これを補正したものが着色レンズです。

ただ、白内障の手術をしたからすべて終わり!というわけではありません。むしろ手術後の方がだいじなのです。紫外線や青色光による目の病気は引き続き予防していかないといけません。そこでオススメなのが『HOYALUX パリオル』というレンズです。遠くも近くも快適に見え、なおかつ目の病気となる、紫外線や青色光もカットしてくれます。遠く重視、手元重視と選べるのも嬉しいポイントですね♪

白内障の手術をして若返った目を大事にするのは、自分でしかできません!!


  
Posted by guild at 00:47Comments(0)