京つう

  キレイ/健康  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ


2017年06月24日

遠近両用は万能じゃない!?

突然ですが、『遠近両用メガネ』は遠くも近くも見える万能なメガネ、と思っておられる方もいらっしゃると思います。

でも!実は違うんです!!
画像のように遠くは広い範囲で見えますが、近くを見る部分はかなり狭くなっております。

見える範囲が狭いと“無理して見ている=目に負担をかけている”ということになります。
ギルドではおひとりおひとりの生活に合ったメガネを提案させていただいております。
例えば、靴でも「ビジネスシューズ」や「ランニングシューズ」、「スニーカー」など、目的や場面に応じて履き替えられると思います。
メガネも同じで、「運転用」と「パソコン用」では全く違うメガネになります。

一流メーカーのHOYAからもそれを考慮したレンズが出ております。
簡単にご説明させていただきますと、遠近両用のレンズなのですが、『遠く重視』『バランスタイプ』『中間・近く重視』と3つのタイプからお選びいただける、というレンズです。くわしくは→コチラ
使い分けをしていただくことにより、目への負担が少なくなり、脳への負担が少なくなります。脳への負担は自律神経の乱れにつながり、肩こりや頭痛にもつながります。

“よく見える”ことも大事ですが“楽に見える”ことが大事だと考えております。
もちろん使い分けがどうしても無理とおっしゃられる方もいらっしゃいます。
そういった方には生活スタイルに合わせたオーダーメイドレンズをオススメしております。

肩こりがツライ、よく疲れる、などの症状がおありの方、見え方だけでなくメガネの設計が負担になっているかもしれません。
一度、くわしくお測りしてみませんか?もちろん検査は無料です!






  
Posted by guild at 01:13Comments(0)

2017年06月17日

防ごう!青色光

突然ですが、下の画像を片目をつぶって、左右それぞれの目でみてください。



線がまっすぐに見えるなら、問題ありません。

ただ、下の図のように見える方は要注意! 『黄斑変性症』という病気の疑いが考えられます。



黄斑変性症とは?
● 網膜の真ん中にあり、ものの細かい部分や色を見分けるのに重要な部分である「黄斑」に、異常が生じる眼の病気。
 さまざまな原因が考えられ、加齢、喫煙、ブルーライトなどがあります。
欧米では成人失明原因の第1位
● 米国では約175万人 (2004年の調査結果より)。
● 視力が短期間で急激に低下し、失明にいたることも多い。
●日本での 増加の原因は、人口の高齢化や生活様式(特に食生活)の欧米化と考えられています。


黄斑変性症の原因の一つとなるブルーライトを防ぐ!
ブルーライトはパソコンやスマホ、テレビ、LED照明などから出ています。もちろん太陽の光にもたくさん含まれます。
普段の生活の中からブルーライトをカットしていくことが黄斑変性症を防ぐことになります。
最新のレンズなら、紫外線もブルーライトもカットできます!

これから外に出る機会も多くなります。ご自身の目はご自身でしか守れません。早めの予防をおすすめします。


  
Posted by guild at 06:56Comments(0)

2017年06月10日

お客様に聞いてみました~調光レンズ~

今回はこの時期に大活躍のレンズ、『調光レンズ』について、実際にお使いいただきましたお客様に感想を伺ってみました。

西京区60代男性
仕事、プライベート含めてゴルフをする機会が多いのでとても重宝しています。
プレー中はサングラスでとても見やすく、食事の時などで室内に入るとレンズの色が元の色に戻りますので、
かけかえの手間が省けます。ただ、車の中ではほとんど色が変わらないのが難点ですね・・・


調光レンズは『紫外線量』と『温度』によって色が変化します。
温度が高いと、レンズの色は変化しにくいのです。


南区50代女性
買い物の時に役に立っています。自転車をこぐ時は色が付いて、スーパーなど建物に入ると透明になります。
遠近両用を使っているのですが、色が変わるレンズはとても便利です。
ただ、もっとオシャレな色で濃い色があればな、と思います。

調光レンズは濃い色が3種、薄い色が4種となっております。
用途によって使い分けていくといいですね。


これからの季節に一本持っておくと大変便利な調光レンズです。
皆様もその便利さをぜひご体感ください。
  
Posted by guild at 02:22Comments(0)

2017年06月02日

サングラスもオーダーメイドの時代!

みなさんいかがお過ごしでしょうか?
もうあっという間に6月になり、季節は夏ですね。

さて、夏といえばサングラスですが、もう一度紫外線についての情報を書いていきます。

①紫外線とは?
可視光線は波長にすると400nm~800nmで、その数値より低い波長のものが紫外線になります。
一般的には400nm以下のものを紫外線と呼んでいます。

②夏が一番強い?
紫外線は真夏の8月ではなく、6月7月にピークをむかえます。
4月から9月の半年間で年間紫外線総量の8割近くが降り注ぎます。
また、一日の中では朝10時~午後2時の時間帯が多く降り注ぎ、その4時間で1日の半分以上が降り注ぎます。

と、おおまかですが紫外線について書いてみました。
次に『市販のサングラスをかければ大丈夫』とお思いの方もたくさんいらっしゃると思います。
もちろんダメではないのですが、今は紫外線とブルーライトの両方をカットするレンズがオススメです。

くわしいレンズ説明はコチラ

紫外線は『白内障』の原因とされ、ブルーライトは『黄斑変性症』の原因といわれています。
市販のサングラスではカットできない、ブルーライトをカットすることでさらに目にいいものとなります。

今ではサングラスもオーダーメイドの時代です。
あなたの目や使う場面に合わせて、私たちが最適なものをお選びいたします。夏のお出かけ前にお立ち寄りくださいませ。


  
Posted by guild at 01:32Comments(0)